とある編集者の晒しな日記

コンクリートジャングル東京の編集プロダクションに勤めるライターの実験室

2016-08-04から1日間の記事一覧

この言葉だけは決して使わないようにして生きてきた

「ものうさと甘さがつきまとって離れないこの見知らぬ感情に、悲しみという重々しい、りっぱな名前をつけようか、私は迷う」 こんばんは!zorazoraです。 最初の一節は、有名なフランスの女流作家、フランソワーズ・サガンの小説『悲しみよ こんにちは』(新…