とある編集者の晒しな日記

コンクリートジャングル東京の編集プロダクションに勤めるライターの実験室

【モチベーションアップ】毎日自分に「ご褒美」を!

これは書かなくても実践されている方ってかなりいると思うんですが、意識して毎日頑張った自分に設定している「ご褒美」ってなんですか?

 

f:id:zorazora:20161215001533j:plain

 

年に数回の旅行やボーナスで買う車のような高額商品とか、何も毎日ご褒美を自分にあげなくてもいいとも思うんですが、あえてここは毎日「ご褒美」を設定するメリットについて挙げていきますよ!

1.「善い事」をしたら毎日自分をほめてあげよう

「善い事」の定義なんて人それぞれだから別になんでもいいんですよ。おばあちゃんに席を譲ってあげたとか、外国人に道を教えてあげたとか、一日仕事を頑張ったとか、今日も一日生きてたとか、ホントそんなことでいいと思います。

 

自分が正しいと思える行いをひとつでもできたら、その日の自分をほめてあげませんか?そして何か小さなご褒美を自分に与えてあげる。いい気分になって休む。翌日はまた「ご褒美」をあげるためのモチベーションにする。この繰り返しです。

2.何をご褒美にすべきか?

これは収入や年齢、ライフサイクル等によっても違うと思うのですが、何を「ご褒美」にしたらいいと思いますか?

 

ダイエットをしている私はもちろん夕食です。10時間ぐらい脇目も振らずに働いて、お昼ごはんもそこそこに、仕事を終えた後に食べる夕食は格別という以外にありません。何を食べても美味しい。イヤイヤ三食食べていた自分が今となってはもったいない。

 

まあ私のことはどうでもいいんですよ。入浴剤の入ったお風呂にゆっくり浸かるとか、好きな音楽を聴くとか、いつもよりちょっといい化粧水でお肌のお手入れをするとか、お菓子を食べるとか、もう千差万別だと思います。でも、あくまで「ご褒美」のために自分に与えてあげることが大事だと思います。それが当たり前になってしまったら精神的な効用が薄まりますから。

3.ご主人や奥さんに愛情や感謝の言葉をかけてみるのはどうですか

独身なんでわかりませんけど、ご主人や奥さんに「愛してる」とか「いつもありがとう」って言葉を掛けるのって結構ハードル高いんですかね?照れくさいというかそういう習慣がないというか…

 

でも、嘘くさくならない程度にこんな言葉を掛けられたら、黙っててもおかずが一品増えるとか、お小遣いが増えるとか、相手の見る目が変わるなんてことがあると思いませんか?

 

自動的に「ご褒美」が貰えるシステムです(笑)。結婚して何年、何十年経っても、こんなことが平気で言える夫婦になるのは理想だなー!

4.一日悪口を言わなかった自分に「ご褒美」をあげる

ついつい言いたくなるのが悪口。例えば、悪口にならないように、「〇〇さんのココがキライ!」という言い方を、「ココをこうすれば〇〇さんは良くなると思うんだけどな」などと表現の仕方を気をつけるようにはしているのですが、とかく悪口は言いやすいのも事実です。

 

一度飛び出すと掘り出した源泉のように湧き出る湧き出る。これをがんばって一日抑えてみて、一日中悪口を言わなくて済むような日があったら自分に「ご褒美」を与えるというのはどうでしょうか。

 

「他人の悪口は言わない」なんて当たり前のことかも知れませんけど、世の中の風潮を見ていると毎日呆れるようなニュースばかりだから、小言を言わなくて済んだ日は「ご褒美」をあげていいぐらい褒められていい日だと思いますよ!

5.ひと駅分歩いてみる

帰りに交通費を節約した気分で、ひと駅分歩いてみる。その代わりにコンビニでお菓子やスナックを買うというのはどうでしょうか。

 

ちなみに私が毎日10~15キロ走っていた時は、走った後の水が最高に美味しかったですね!たかが水ですよ(笑)。運動した後はストレッチや水分補給など適切なケアが必要ですけど、10キロ以上走るとさすがに「ご褒美」的な何かが欲しいわけです。それだけ体から塩分やミネラルなどが失われていますからね。

 

マッサージや整体にいくというのを「ご褒美」にするとか。酸素カプセルなんかもいいですよ!

6.禁酒・禁煙に「ご褒美」を!

喫煙者や晩酌をする方を責める気はありません。タバコやお酒を断つストレスが吸わない、飲まない効用よりも上回ってしまう方もいるかも知れませんしね。

 

元々イケる口からすると、周りが喫煙者や飲酒者に囲まれる環境だとやめにくいんですよねー。私も子供の頃から副流煙を吸わされていたので、副流煙を吸わされるぐらいなら主流煙吸ったろ!って思いましたもん…

 

でも、もし「飲酒や喫煙が体に悪いからやめたい」という方は、禁酒・喫煙をして「ご褒美」をあげてみるのはいかがですか?

7.タバコ1箱400円以上ですよ!

吸ってる方は必要経費みたいなものなんでしょうけど、タバコって1箱400円以上ですよ?晩酌をする方だってビール2~3本でそのぐらいいくでしょう。

 

これがどういうことかわかります?生鮮食品で言えばちょっといいお魚を一尾買えますし、和牛だって買えます。お菓子ならお徳用のチョコレートとか安いケーキが買えますし、高級チョコレートだって一個ぐらい買えます。それに外食なら牛丼一杯は食べられるし、単品のビッグマックだって買えちゃう。

 

毎日ビックマックを余計に食べていると思ってみてくださいよ。もしくは徳用チョコレートを大袋で毎日食べているようなイメージ?恐ろしいでしょ!

 

でもね、喫煙者はこれだけ禁煙のお店が増えようとも、タバコの値段が騰がろうとも、健康に悪いと認識しながらもいまだにやめられないってことはもはややめることはできないんですよ。こればかりは仕方ないと思います。

 

ムリ。ゼッタイ。

 

と、煽っときました。もしこのブログを読んだヘビースモーカーの方が禁煙に一ヶ月成功したらコメント欄にでも書きこんでください。お詫びのエントリーを立てます(笑)。

8.「ご褒美」の内容も条件も人それぞれでいい

晩酌や喫煙そのものが自分への「ご褒美」ならそれはそれでいいと思うんですけどね。タバコ1箱400円として、1年365日毎日1箱吸うと144,000円かあ。10年で144万円。軽自動車が買えちゃいますよね…またネガティブな方向へ傾きかけてるのでこれ以上の批判はやめましょう(笑)。

 

でも禁酒・禁煙貯金なんてのもありだと思うんですけどね。やめたかわりにその分を貯金箱へ入れて蓄えれば、毎年軽く旅行くらいにはいけますからね。言わば禁酒・禁煙「ご褒美」貯金です。

 

禁酒・禁煙からはこの辺で離れて、私自身が今課題としていることは積読ですかね。ブログを書きはじめてから読書時間が取れてないんで、ほとんど本を読んでいません。読者の方推薦の本もポチッたんですけどねー。読みやすい本はさっさと読んだけど、まだ読みきれてない本があります。言い訳せずに読みます、はい!(笑) 読んだら新しい本を買うっていう「ご褒美」かな。一度読んだ本は捨てられないので増える一方です…

9.「ご褒美」で好循環のサイクルをつくろう!

物で釣るというわけではありませんが、何か善い行いをしたら自分に「ご褒美」を与える。「ご褒美」で満足したらスッキリして翌日の糧にする。翌日もそのご褒美のために頑張る。「当たり前」のことかも知れませんが、それが習慣化して「ご褒美」がいつの間にか生活の一部になっていませんか?その「当たり前」は本当はとても有り難いことだったり、幸せなことかも知れませんよ!という気づきになればいいなというエントリーです。

 

今日も適度に張り切っていきましょう!

広告を非表示にする