とある編集者の晒しな日記

コンクリートジャングル東京の編集プロダクションに勤めるライターの実験室

【一発で分かる!】仕事が出来ないヤツの特徴10選

よくある話題だが、端的に書かせていただく。下記に記すような条件に半分以上当てはまるような人間はまったくといっていいほど仕事が出来ない。肝に銘じて欲しい。

 

f:id:zorazora:20161020231421j:plain

 

1.机の上が散らかっている

頻繁に取り沙汰されることだが、机の上が散らかっているヤツは仕事ができない。単に机の上に資料が沢山載せてあるという意味ではない。とにかく机上が業務上の備品・資料、食べ物、お菓子などで散乱しているヤツのことをいう。

 

仕事が出来ない理由は明白だ。頭の中で仕事の整理がまったく出来ていないからだ。こういうヤツに「一週間前に渡した資料を出せ!」というと、大抵2~3分はゴソゴソとやり出す。その数分が命取りなのだ!1つの資料を探すのに3分掛かったとしよう。それを10回繰り返せば30分になる。

 

机の上を資料が占拠していうようがなんだろうが構わないが、せめてすぐに取り出せる程度に机上は整理はしておけ!という話。

2.作業を始める度に物を探す

1.の延長線上にあるのだが、何かひとつの作業をしようとする毎に備品を探すようなヤツ。こういうヤツは間違いなく仕事ができない。

 

それはお前が毎日する作業だろう!せめて備品の定位置ぐらい決めておこうぜ!?消しゴムや修正テープを使う度に「あれっ?アレはどこいった??」とか言ってるヤツちょっと来――い!!

 

アレじゃねーんだよ。痴呆症なのか?頭の中に備品のスタメンポジションでも決めて打席が回ってきたらすぐにバッターボックスに立たせるようにしろ!「えっ?俺の番??」とか言ってる野球選手はいねーだろ!!そういうことだ。

3.人の話を聞かない(ボーッとしている時間が長い)

人の話を聞かないというか、上の空なんだよな、こういうヤツは。「この会議に俺の出番はないから」とか高を括っているのかも知れないが、それにしちゃあヒドすぎるぞ。

 

その会議に出席している間にもお前の賃金は発生しているんだよ!下手をすれば賃金泥棒だ。せめてその会議から何かひとつでも身になる意見やアイデアでも引き出してみろよ!

 

第一お前、会議のセッティングの時もそうだったよな!?セッティングが終わったと思ったら、途端にボーっと突っ立っていた。だからその時間にもお前に賃金が支払われているということを自覚しろ!!

 

一見何の役にも立たない他愛も無い会話を同僚とするんでもいいんだよ。コミュニケーションは重要だからな。何もすることが無いんだったら、少しは仲間と打ち解けるような努力でもしてみたらどうだ??

4.リアクションの冒頭に「あっ!」が入る

こいつははっきり言って、仕事ができないというよりも出世ができない。

 

「ん?この資料、確か付録が付いてたよな??」

あっ!そうでした。すみません、今すぐお持ちします!!」

 

「あっ!」じゃねーんだよバーカ。例えテメエのミスだとしてもこういう時は泰然自若としているもんだ。つまり、ドーンと構えていろということだ。付録の資料が付いてないのがお前のミスだったのならそれは取りにいく必要がある。

 

だが、お前は「資料の付録は必要ない」と自ら考えて下した判断だったという可能性はないのか??「あっ!」と慌てふためく前にひと呼吸置いてみろ。そして「本会議とは関係が無いので、付録は必要になったら持って来るつもりでした」とか言い返してやれよ!そのぐらい図太くなきゃ出世できねぇぞ!!

5.代案(自分なりの回答)を持たないまま上司に相談する

こういうヤツが本当にいるということに驚きだが、仕事で何か問題が起きた時、上司にその解決案や代替案を持たずに丸投げするヤツがいるだろ。ああいうのは間違いなく仕事ができない。なぜならソイツは仕事を投げた時点で思考を放棄してまっているからだ。

 

「お客さんが開封しちゃった商品の返金を求めに来てるんですけど、どうしましょうか?」

 

どうしましょうか?じゃねぇよ!そういう場合の、出来るヤツの相談の仕方はな、

 

「お客さんが開封しちゃった商品の返金を求めに来たので、規則にある通り一度開封した商品については返金できない旨を伝えたのですが、クーリングオフの期間外とはいえ、新品同様で使用した形跡も見られないため返金に応じてもよろしいでしょうか?一応クーリングオフの説明に関しては私からしておきました」

 

このぐらいお膳立てをしてから相談しに来い!いきなり来て「どうしましょうか?」も何もねぇんだよ!お客様に一から同じ状況を説明させるこっちの身にもなってみろ。同じことを何度も聞くのはお客様にも失礼なんだよ!!

6.寝グセのまま会社に来る

仕事以前の問題。身だしなみが整っていないヤツは、仕事をする構えが出来ていない。

 

「ああ、この会社の社員はよほど非効率的な仕事をさせられているんだろうな」

 

と、まるで会社全体の生産性が悪いように受け取られかねない。

 

一人ひとりが「会社の代表」だという気構えを持て!何っ?ハンカチを持たずに会社に行くだと?見てる人は見てるぞー。社員バッヂなんかは、会社の代表としての地位を示す最たるものだからな!出来る男は身だしなみから出来ているものだ。

7.他人の悪口を言うことに勤務時間を費やす

ストレスを溜めるのはよろしくない。しかーし! 勤務時間中に、

 

「何度いってもダメなんだよ、あいつは。どうせ次の仕事だってミスをするに決まってる。第一あの社員は仕事の態度からして…」などというヤツ。

 

何度いってもダメなクソ社員だったら辞めさせる方法を考えよう!悪口を言ったからといって辞めてくれるわけではない。直接言って精神的なダメージを与えるという方法もあるのかも知れないが、言う方は言う方でそこそこのダメージを食らうものだ。

 

であれば建設的な議論として、

 

「あの社員はこの程度の仕事しかできないからその仕事を任せるとして、次の人事考課で彼のためにもうちに残ってもらうか、うちでは成長できないということをハッキリ伝えましょう」と辞めさせる方向に持っていけば良い。

 

は文句を言うだけで変わるわけではない。

8.上司が帰るまで無駄に会社に居続けようとする

帰れ帰れ!残業代の無駄だ。お前が残っていたからって会社の生産性が上がるわけではない。むしろ残業代を払う分、お前が生産性を落としているということを自覚しろ!!

 

仕事が終わったら明日のパフォーマンスを上げるために、ダラダラと居残るのではなくてさっさと帰って体調を整えよう!!

9.自分のミスを隠し続ける 

ミスを隠し続けるのは、今はいいかも知れないが、後々会社にとって大損害を与える可能性がある。万が一ミスをしてしまったのなら、

 

「私のミスです。ごめんなさい!」

 

とあっさり謝って片をつけてしまおう!いつまでもミスを燻らせたまま温め続けていると、他の仕事にも影響が出る可能性がある。「良い報せは後で、悪い報せは真っ先に」これは仕事の鉄則だ。怒られてもいいから、明らかなミスは早く上司に知らせて肩の荷を降ろそう!!

10.テンパると半ギレになる

忙しくなればなるほどテンパって半ギレになるヤツ。そんなヤツは仕事ができない。当たり前じゃないか。テンパったままで正確な仕事が出来るハズがない!同僚に相談されて、

 

「ちょっと忙しいから後で!」

「今話しかけないで!」

 

とか聞く前から言っちゃうヤツも大概ダメ。もしかすると相談された案件の方が重要かも知れないではないか!?忙しい時こそ冷静な判断が下せるように努力すること。こっちの方が人間としてのキャパは上がるぞ。

まとめ

これこそ、仕事が出来ないヤツの特徴10選だ。あなたはいくつ当てはまるかな?

 

私はというと…「あっ!ほとんど当てはまってるよ」(((;゚Д゚))))))) 

 

どうやら自分のことなのですぐ思いつたらしいですσ(´・д・`)  自覚している分だけ、まだ改善の余地ありと判断してもらえませんかね( ・᷄д・᷅ )

 

以上

広告を非表示にする