とある編集者の晒しな日記

コンクリートジャングル東京の編集プロダクションに勤めるライターの実験室

【サッカー】日の丸を背負ってる代表選手の人格を否定しないで欲しい

これは以前から思っていたことなんですが、サッカー日本代表選手のプレーではなく、人格を否定するコメントをされる方の意図がわかりません。

 

f:id:zorazora:20161013023805j:plain

 

今日はこの点について掘り下げていきたいと思います。

1.自国の代表だったら誰だって活躍して欲しいはず

私は小学校からサッカーをしていたので、どちらかといえばサッカーの方が詳しいです。個人的にはドイツ・ブンデスリーガシュツットガルトに所属していた時代から岡崎慎司選手を応援していたので、岡崎選手に期待しています。

 

最近は仕事が忙しくリアルタイムでプレミアリーグを観る時間が無かったので、レスター移籍後の活躍は残念ながら目の当たりにできませんでした。

 

しかし、基本的に日本代表選手は全員リスペクトしています。彼が代表戦に出られなかったといって他の選手を責めたりはしません。

2.並大抵の努力では日本代表にはなれない

サッカーをしたことがある方ならわかると思うのですが、日本代表のレギュラーになれない控え選手ですら、並外れた身体能力やテクニックを持っています。

 

私はあるJリーガーとフットサルの試合をしたことがあるのですが、キャプテンとはいえディフェンダーだったにも関わらず、ほとんどボールを奪うことができませんでした。

 

代表歴もありませんでしたが、Jリーグのチャンピオントロフィーを掲げたことのあるその選手は、ちょっと年季の入ったアマチュア程度では、5、6人簡単にごぼう抜きされるほどうまかったです。

3.ファン同士の誹謗中傷が散見される

サッカーファンの一部に過ぎないと思うのですが、ネット上で代表選手同士を誹謗中傷するコメントが時々見受けられます。あれはどういう了見なのでしょうか。

 

よく見られるのは、出目金、ハゲ、信者などなど…ハゲとは我が岡崎選手のことだと思うのですが、いくら本人が自嘲してハゲと言ったからといって、見知らぬ人にハゲと言われたら本人は傷つくはずです。

 

ハゲは褒め言葉で愛称だ、などと言う方がいますが、プレーとは関係ないのだから、褒め言葉でもなんでもありません。同じように、いくら代表選手だからと言っても、メンタルにマイナスに作用するような誹謗中傷は見ていて心が痛みます。

4.得点力不足が叫ばれていた時代が懐かしい

もう10年以上前のことでしょうか。日本には、ながらくセットプレーからしか得点できない時代がありましたよね。

 

試合の流れから得点できない代表時代は見ていてやきもきしました。その分失点も少なかったような気がしますが、日本代表のレベルはあの時から比べれば確実に進化したと思います。

 

現日本代表のスタメンの所属チームを見るだけでワクワクしませんか。ほとんどの選手が、一昔前までは想像もできなかったようなドリームチームに所属しています。しかも、浮き沈みはありますが、世界のトップチームで主力として活躍したことのあるような選手ばかりです。

 

海外移籍をして、多国籍のチームで言語の壁を乗り越えてチーム内のレギュラー争いに打ち勝って、さらにはチームを優勝に導くような選手にまで成長するなんて、マンガの中の世界みたいなものだと思います。

 

Jリーグでトップクラスの成績をおさめるだけでも困難を極めるというのに、彼らは身体能力も言語も習慣も何もかも違う環境の中で対等以上に戦っているのです。

5.最後まで諦めない精神を共有したい 

忙しくて試合を観られないことがとてももどかしいのですが、今回のW杯予選は非常に厳しいものになりそうですね。でも、私は彼らを心の中で応援し続けます。

 

そう、例えるなら、平日は会社で粉骨砕身働いて、さらに休日を返上してまで日本のために世界のトッププレイヤーと戦う企業戦士と同じようなものですよね。もちろん彼らは自分のために戦っているのだと思いますが、それ以上に日の丸を背負っていることに責任を感じているはずです。しかも、4年に一度という最高のプレッシャーを負いながら、連帯責任で戦い続けているのが日本代表なのです。

 

3年前、ブラジルワールドカップ出場を決めた対オーストラリア戦終了間際にPKを獲得した本田圭佑選手がボールを持って離さなかったあの男気を覚えていますか。結果的に決めたから良かったようなものの、入れればヒーロー、外せば戦犯の、あの日本サッカー界の行く末を決めるようなシーンでの不屈の闘志を覚えていますか。

 

もちろん、時代とともに新しいヒーローは出てくるでしょう。チームで干されて試合勘が鈍ったと思われるような選手が代表に選ばれることもあるでしょう。選手に文句が言いたくなることもわかります。でも、私はその時に最高のパフォーマンスができる選手が代表として選ばれると信じています。

 

そして、建設的な批評はすれども、どんな結果でも受け止めます。だから、日の丸を背負った選手には悔いの無い戦いをして欲しいのです。それが私にできる精いっぱいの応援です。ですから、選手の好き嫌いはあれど、私は日の丸を背負って立つ選手たちの人格を否定する人が理解できません。本当に日本人なのでしょうか。文句があるなら、その方に日本代表をワールドカップへと導いて欲しいですね。本田圭佑選手を鈍足というのなら、彼を軽く置きざりにできるぐらいの選手に出てきていただきたいものです。

 

以上。

広告を非表示にする